fc2ブログ

母の旅立ち 

ついに母が旅立ちました。
もう危ない、もう危ないと言われながら、二ヶ月半も頑張ってたんですけどね。
最後の面会も3度繰り返しましたけど、ホントに最後の日は、目に光も無くて、
顔の色も土気色で、これまでに見たことの無い母の姿でした。
「お疲れ様」と「ありがとう」しか言葉が浮かばないです。

金曜日、仕事中にカミさんから電話で「病院から電話があった」と。。。
私は、北九州市の姉に電話を入れて、病院に向かいました。
面会してる間にカミさんもタクシーで駆けつけたんですけど、
こんな時でも面会時間に制限があるらしく、病室には長く居られないと。。。

なので、カミさんを待合室に残して、私は締切が本日の仕事をするため、
会社に戻り、仕事を終わらせてメールで送って病院に戻ると、
直前に息を引き取ったと・・・。
新幹線はすごいですね。姉もギリギリで面会出来たようです。


それからは、感傷に浸る間もなく、バタバタでした。
姉は一旦北九州に戻り、土曜日にまた来てもらう事にして、
家族葬の葬儀屋へ連絡を取って、当初予定してた本館は、
他の人の方が一足早く、うちは離れと呼ばれる小さな斎場に。。。

でも、叔父さんや叔母さん達もみんな高齢ですからねえ。。。
葬儀だけの出席になったので、小さな会場で十分でした。f(^^;)

金曜日が通夜になるのかと思ったんですけど、火葬場などの手続きなどの関係で
間に合わないとの事で、土曜日が通夜で日曜日が葬儀となりました。

母はおしゃれさんだったので、湯灌もお願いしてたんですけど、
男の人が来るのかと思ってたら若い女性が二人だったのでビックリしました。
でも痩せこけて骨だけだった母もキレイにしてもらって良かった。

母は自分のお遍路さんの衣装を着せてもらう事を願ってたので、
着せてもらって、杖も一緒に入れてもらい、願い通りとなって良かったです。

通夜は姉夫婦に泊まってもらい、日曜日の朝に斎場へ行って、お斎を食べました。
お斎ってこっちだけの風習らしいですね、知らなかったですが、
一番良いやつを頼んだので、美味しかった。f(^^;)

お坊さんは、斎場に紹介してもらったんですけど、
元々うちは真宗だったんですけど、うちに来る坊主が生グサで、
お経もゴニョゴニョと何言ってるのかわからず、大嫌いでして・・・。(汗)
父の時から、真言宗のお寺の資格を持った女性が来てくれてて、
そのお経がありがたく・・・九字を切ったり、
印を結ぶのがカッコ良いという事もありますが。。。(汗)
その方も今はもう亡くっておりますので。。。(涙)

紹介してくれたのが福岡では有名な由緒正しき真言宗のお寺で、
通夜と初七日は若いお坊さんでしたが、葬儀はご住職が来て下さいました。
若いお坊さんも声が良かったんですけど、ご住職のお経はさらに良かった。f(^^;)
やっぱり真言宗はカッコいいな。。。(汗)

母は、父が亡くなってからは、お遍路も満願し、高野山にも行ってるんですが、
声が良いお坊さんが好きだったので、ホントに良かった。(^o^)b

火葬場で、叔父さんたちと別れて、姉夫婦と斎場に戻り、初七日の法要を行い、
斎場の近くの割烹を予約してた時間に間が有るので、一旦うちで時間つぶし。。。

姉の旦那がウエッジウッドが好きだと言うので、カミさんが持ってた食器をあげると
食器談義に花が咲いておりました。(笑)
時間になって、割烹に行って、美味しい料理を頂いて散会となりました。

母は旅立ってしまいましたけど、もう三ヶ月は会話もできず、母にしても
楽しいこともなくただ時間だけが過ぎて行ったようなものだったし、
みんなも覚悟は出来てた事だったので、この時が来て良かったなと。。。

葬祭場も、お坊さんも、どなたも丁寧な仕事で良かったです。
とりあえず、初七日まで終わって、ホッとしています。(´o`) ホッ

コメント

お母様 永眠されましたか
長い長いあいだ頑張られた入院生活から
解放されて安らかな御顔でしたでしょうね。

あちらでは美人さんが来た~!
はやくも噂になっているかもしれませんね。

長い間のご家族での
看病やお見舞いお疲れさまでした。

私も両親と義父が亡くなりましたがお葬式って
身内の者は大変忙しく疲れた事思いだします。

この度は御愁傷さまでした。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

みなさんでしっかり送ってさしあげて、きっとお母様もお喜びになった事と思います。
お母様もきっと、不自由を脱ぎ捨てて、足取り軽く旅立たれたことでしょう。

akkyanさん、奥様、本当にお疲れさまでした!

私の実家も真言宗で、3月の父の菩提寺での法事の時は、釈迦の涅槃図曼荼羅が飾られていたりしてました。私は特に信心は無いけれど、読経がお上手だと癒されますよね。

四十九日、一周忌と法要が続いて忙しくなりますが、
どうかお二人もご自愛ください!

naomoe3さま

> 長い長いあいだ頑張られた入院生活から
> 解放されて安らかな御顔でしたでしょうね。

ずっとパーキンソンで体中が強張ったままだったので、邪魔な筋肉が無くなって
やっと開放されたようで、良かったのかもと思ってます。

> はやくも噂になっているかもしれませんね。
あはは・・・でも湯灌できれいにしてもらって有難かったです。

> 長い間のご家族での
> 看病やお見舞いお疲れさまでした。

私は大したことはやってないんですけど、カミさんが大変だったなと。。。
感謝感謝でございます。f(^^;)

> この度は御愁傷さまでした。
ありがとうございます。
母が福岡に来た理由の一つが、死ぬ時は誰も知らない所でって事だったんです。
お参りに来て貰ってもその時は私はお返し出来ないからねえと。。。f(^^;)
んなもんで叔父さん達からも香典なしでやらせてもらいました。
母の兄弟と姉夫婦と私達だけだったので、気を使うこと無く楽でしたが、
やっぱり、終わってみると疲れますねえ。

Naomiさま

> 心よりご冥福をお祈り申し上げます。
ありがとうございます。

> お母様もきっと、不自由を脱ぎ捨てて、足取り軽く旅立たれたことでしょう。
ホントにそれが一番だと思ってます。
なんか解き放たれたようで、良かったなと。。。

> 私の実家も真言宗で、3月の父の菩提寺での法事の時は、釈迦の涅槃図曼荼羅が飾られていたりしてました。私は特に信心は無いけれど、読経がお上手だと癒されますよね。
私も信心は無いんですけど、最初から最後まで何を言ってるのかわからないとねえ。(笑)
真言宗は、判りやすい言葉で、送り出してくれるところもありがたいなと。。。

> 四十九日、一周忌と法要が続いて忙しくなりますが、
> どうかお二人もご自愛ください!

まあうるさい親戚も居ないので、大丈夫だと思います。f(^^;)
ありがとうございました。

お母さまのご冥福をお祈り申し上げます。
コロナ禍で面会も不自由な中、お母さまもakkyanさんも本当にお疲れ様でした。
我が家は、父母、叔父叔母、伯父伯母、全て逝ってしまってますが、無くなった時の事を思い出しました。
そうそう我が家も真言宗です。
高野山も2度程行って、宿坊に泊っています。
高野山はいいです。

duckbillさま

> お母さまのご冥福をお祈り申し上げます。
ありがとうございます。m(__)m
ホントに面会もままならず、母もついてなかったなと。。。
でも最期の頃は、あまり状況もわからないままだったんじゃないかと、
かえって良かったのかも知れません。

> そうそう我が家も真言宗です。
私は、高野山は修学旅行で一度行ったきりです。f(^^;)
あんまり仏教に詳しいワケじゃないんですけど、
お経の中では、真言宗が一番良いかなあと。。。(汗)

あっ、昔うちに来た真宗の坊主が嫌いだったってだけですから。。。
他の真宗のお坊さんもみんな悪いと言ってるワケでは無いです。(汗)

ご冥福をお祈りします

この度はご愁傷様です。御母堂様のご冥福をお祈りいたします。

何故だか久しぶりに、akkyan さんのサイトに立ち寄りましたら…
実は、昨年末に我が母親も旅立ちました。
やはり、脳梗塞で何ヶ月も入院してて(コロナ禍で)会わせてもらえず、
退院してようやく介護施設へ移り、面会出来たその1週間後でした。
私もやっぱり、口について出た言葉が有り難うでした。

スピゴンさま

> この度はご愁傷様です。御母堂様のご冥福をお祈りいたします。
ありがとうございます。

> 実は、昨年末に我が母親も旅立ちました。
あらら・・・そうだったんですか。
そんな事だったなんて・・・それはそれは大変でしたね。

> 私もやっぱり、口について出た言葉が有り難うでした。
それしか出てこないですよね。

スピゴンさんのお母様もきつかったでしょうねえ。
私の母もきつかったと思うので、
今はもう苦しみから開放されてる事だと思ってます。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://akkyan2004.blog.fc2.com/tb.php/1402-19ba844f