感謝の気持ち 

今日はまた寂しい話題でごめんなさい。
8月4日、カミさんの姉さんの旦那さんが亡くなりました。
Y姉さんが亡くなって丁度1ヶ月でした。

Y姉さんの葬式のあと、食べられなくなったので
病院に行くと、胃や肝臓などにガンが広がってて、
もう手が付けられない状態だったそうです。

あと2ヶ月だろうと私たちは聞いてたんですけど、
あと2ヶ月持つ事はないだろうと言われてたようです。
入院して、2週間でしたが、先週はお見舞いに行って、
普通に話も出来たのに・・・。

まったく気が付きませんでした。
Y姉さんにみんな気が取られてたのもあったでしょうけど、
一度もお腹が痛いとか言うのを、聞いた事も無かったし。。。

知らなかったけど、特攻隊にも志願してたそうですから、
精神力で抑えてたんですかねえ・・・。


前にも書きましたけど、カミさんは早くに両親が亡くなってしまって、
親子ほど年が離れた姉夫妻に育てていただいたんですね。

私は年下夫で、結婚した時は25才のスッカラカンでした。(汗)
カミさんも結婚式はしなくて良いと言うし、もう親に迷惑を掛けたくないし、
ましてやこれから生活始めるのに借金なんてしたくないし・・・。f(^^;)
だから、簡単に身内だけで食事して済ませようと・・・。

これって、街中に住む若者の考えなしの発言だったんですよね。(激汗)
兄は自分がお金は出すから、披露宴をやってくれと言われましたけど、
それじゃ~うちの親も出さないわけにもいかず、
結局親がかりになってしまうからと、やらない事で許して貰ったんですね。

兄さんたちは一度も口にはしなかったですけど、
義理の妹を親の代わりに育てて、
結婚披露宴をしないなんて・・・田舎でなんと思われるか。
ましてや、自分の子供達はちゃんと結婚披露宴をしてるのに・・・。
そんな事に、思いも寄らない25才のバカ造でした。(激汗)

その事に気付いてからは、もう頭が上がらないですよね。f(^^;)
もっとも譲れない事を、譲って貰ったんですから・・・。m(__)m

ホントは葬式の時に、近所の人に、言いたかったんですけど、
言えなかったので、ここに書いてしまいました。(汗)
言うチャンスが無かったワケじゃ無いんですけどね。
ヘタレてしまいました。f(^^;)

まあでも、いつも私たちを見てた実家の近所の人たちは
判ってくれてるだろうから良いかな?f(^^;)

そんな不義理な義理の弟を、姉夫妻はずっと大事にして下さいました。
私たちが引っ越しする度に、総動員で、手伝ってくれたり、
体が悪くなるまでは、庭の草むしりや手入れもとかも・・・。(汗)
本当にありがたい事だと思ってます。
もう少し、恩返しをしたかったんですけどね。

でも、二人とも、もう体の自由がかなり効かなくなってましたから。。。
二人とも超働き者で、正月でもジッとしてるのが苦痛だと言ってたくらいの。f(^^;)
だから仕方ないと思わなくちゃね。
二人とも、長く苦しまなくて良かったと・・・。
ただカミさんの実家に誰も居なくなってしまったのが寂しいです。

Y姉さん、兄さん、本当にありがとうございました。m(__)m
恩返しは、カミさんを大事にするという事で・・・。(^o^)b

コメント

お悔やみ申し上げます。

特攻隊に志願されていたという事は、
八十代半ばか、それ以上のお歳だったのでしょうか。
食べられなくなる前までは、目立った自覚症状は無かったのでは・・と、せめて、思いたいです。
ご冥福をお祈りいたします。

結婚披露宴の事は、今となっては、近所の方々も、許してくれていると思います。
でも、その当時は、奥様やakkyan様に密かに思いを寄せていた若者たちは・・・(--;;;;
結婚披露宴って、結婚する二人以外の、身の回りの若者達に対して、
交際の対象から外れますぅ~、っていう方の、気持ちを整理させる心の告別式の意味もあると思うし。

  • [2012/08/07]
  • URL |
  • はっぽうさい
  • [ 編集 ]

はっぽうさいさま

年が足らなかったそうなので、もうちょい若いです。
膝が痛いのは言ってたので、自覚症状が無かったんでしょうね。
ホントにそうであってほしいです。

> 気持ちを整理させる心の告別式の意味もあると思うし。
う~む・・・うまい事を言いますねえ。。。
ま、うちの場合は当てはまらなかったと思いますが・・・。(涙)

ありがとうございました。m(__)m

v-22こんなに続けていかれるというのは、とても仲が良かったのかな、なんて思います
ひとさまに対しての思いやりもすべて自然にできる方なんでしょうね
さりげなく・・・そして消えいる時もさりげなく、あまり迷惑をかけないように、なんて

そんな人だからこそ周りは悔いが残るのでしょうが、潔よくいく、というのが特攻隊まで志願した方の生きざまだったのでしょうね
寂しくなってしまいましたが、お二人の分まで仲良く頑張ってください
ご冥福をお祈りします

ご冥福をお祈り申し上げます。
きっと奥様も気落ちしていらっしゃるでしょうね…
どうか、力になって差し上げてください。(言われなくても…でしょうけれど。)

家族を見送るときって、「ありがとう。ごめんね。」という気持ちだけが交互にわき出てきて、
伝えられなかった事に後悔ばかりしてしまいますね。

けれど、旅立たれたご夫婦の心意気を継ぐ…というお仕事がakkyanさんご夫妻に託されたのですから、
お姉さん達に負けないよう、頑張ってください!(*^-^*)

葉っぱさま

実はけっこう言い合ったりしてましたけどね。(笑)
でも、やっぱりお互いを必要としてたのは間違いないです。
ましてや峠の上ですし・・・。f(^^;)
ホントに潔いかのような最期でした。

だからあまり暗く感じないのかも知れませんね。
優しいお言葉、ありがとうございました。

Naomiさま

なんか気落ちするよりも、ホッとしたような気持ちも大きい気がします。
Y姉さんは、突然でビックリしましたけど、兄の時は思ったよりも
早かったですけど、覚悟も出来てましたし。
ホントに二人とも、長く苦しむ姿を見ずに済みましたから・・・。

ホントにどの人にも親切な、人の良い二人だったので、
心汚れた私があとを継ぐのは不可能かと・・・。f(^^;)
でも、ま、気持ちだけは・・・。(汗)

頑張ります。ありがとうございました。

お悔やみ申し上げます。
私、気になっていました。
妻に先立たれた夫は一気に元気がなくなるとよく聞くので。
akkyanさんのブログ更新や訪問がなくなったので、まさか・・・
と心配になっていたのですが。。。

きっと向こうで二人仲良く見守っていらっしゃることでしょう。
奥様とakyyanさん自身のお身体もお大事になさってください。
ご冥福をお祈りいたします。

semireyさま

直接的な原因は、ガンなんですけど、
Y姉さんの世話とかで気が張ってたと思うんですよ。
その張りつめたものが無くなってしまったんでしょうねえ。

だから、仕方ないのかなとも思います。
やっぱり夫婦は揃ってなくては・・・ですね。
特に男はそうなのかな。。。f(^^;)
ありがとうございました。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://akkyan2004.blog.fc2.com/tb.php/600-c5fe4317